Recent Post

        

category - 日常
2018/ 03/ 21
                 
長男が中学生になります。
これまで学研でしたが、これからは塾に通います。
近くに何軒もあり、情報を集めたり、体験をしたりして、本人に合うところを探しています。

昨日、塾の先生に聞いたのですが、今時の高校受験は内申点だけで受かってしまうんですね。
5教科の通信簿の合計が20点だったらば(オール4)、それで内定です。
漢字検定3級あれば、それに加点1点です。
塾選びでは、数学と国語だけで良いかと思っていましたが、その話を聞いて、『気づき』があり、考え方が変わりました。
『総合的な人材を育てるには幅広い知識が必要だな』
『確かに教養人というのは色んなことに興味と知識があるな、その素地を作るのはとても大事だ』

という訳で、近所の5教科を教えてくれる塾にしようと思っています。
そこは知識詰込み型ではなく、じっくり考えることを重視するので、基本ができるかと期待しています。
これからの3年間、いや2年で、人生の基礎ができてしまう気がするので、そこの投資は思い切ってしたいと思います。
(この塾は評判が良いが高いんです。評判が良いだけに高いんですかね。良い人材にはお金がかかるのは当然ですね。)


                        
                                  
        

言葉選び。

category - 日常
2018/ 03/ 19
                 
自分の会話や言葉選びに傾向があります。
『綸言汗のごとし(一旦発した言葉は汗のように取り消したり訂正できない)』と考える私は、言葉に気をつけるようにします。
その為、ちょっとした会話にも、パッと反応できなく、気を逸してしまうことがあります。
また、自分の中で考えて、結論で話すので、周りの人に、その思考のプロセスが伝わらず、言葉足らずなことがあるようです。
言葉を小出しにすれば良いのでしょうが、その発言に対して、『相手はこう反応するんだろうな』と考えてしまい、『ならばどうする?』と考えたり、『諦めたり』してしまいます。

わかっているんで、もっとうまくやるようにしたいと、作戦を考えたいと思います。
力の使い方の方向で、効果は変わってくるはず。
『自分が正しいと思うのでなく、どうすれば活かせるか』
自分と周りの関係性をうまく扱ってみる、そんな気持ちでやってみます。
                        
                                  
        

卒業

category - 独り言
2018/ 03/ 18
                 
桜のつぼみも開き始めましたね。
今年は高知が1番のりということでした。
基準さくらを1日に3度?も確認して開花を確認する、そんな業務もあるんですね。

長男が小学校を卒業しました。
卒業式では、将来の夢や中学生になってからの目標を、檀上から皆に発表です。
いつもは、声が聴きづらいのですが、はっきりと大きな声で『中学ではサッカー部に入り、部活に勉強に頑張ります!』と宣言していました。
立派なもんでした。
外面は思っている以上に成長しているもんだな、と感心しました。
でも・・・
彼は、硬式野球に夢中では・・・

中学では土日は硬式野球のクラブチームに入り、平日は部活のサッカー入るそうです。
仲の良い友達たちがサッカーのクラブチームに入るが、部活のサッカーもやるので、自分もサッカーやりたいということです。
(クラブチームに入ると部活の試合にはでれないので、友達たちはトレーニングとしての部活となるようです。)
部活で試合に勝つことを目指している子達と、その子達より多分うまいクラブチームに入っているが試合にはでる資格のない子達が同じ部活に所属します。
それって良いのだろうか?と疑問に思うところがあります。
長男には部活の先生に相談するように言っています。
『土日は野球があり、土日の練習・試合にはでれないが、部活に入って良いか?』
良いということならば、違う運動をやるのは良いことだと思うので、応援したいと思います。

怪我にだけは気をつけてほしいものです。
あと勉強も頑張ってほしい。
人に好かれるようになってほしい。
健康でいてほしい。
そんな感じで、希望が増えていく・・・
一種の欲に限りはつけづらいですね。
                        
                                  
        

プレゼン

category - 独り言
2018/ 01/ 30
                 
最近、お客さんへのプレゼンの仕方を変えてます。
これまでは、商品と値段と生産ロットを提示するだけでしたが、プレゼンシートを作り込むようにしています。
その商品が世の中で必要とされる理由、商品の特長を明確にプレゼンしたほうが効果的と気づいたからです。
かつては、そいうった売るための作戦を商品に化粧をするのは問屋の仕事でした(うちは、問屋の依頼で商品を作る黒子です)。
ですが、だんだん、問屋さんはそういったことが下手になり、外注に頼むようになり出しました。
ならば、商品を作っている私が、そこまでできればプラスアルファになる、と努力中です。

昨日、プレゼンシートを社内の人にチェックしてもらいました。
自分では気になりませんでしたが、商品が高すぎると指摘されました。
うーん、確かに、少し高いかな。いい商品なんですが・・・
作成している渦中にいると、俯瞰して考えているようで、できてなかったんですね。
反省しています。

お客さんへのプレゼンには、あと1週間あります。
商品の改良をして、値段を抑えてブラッシュアップしたいと思います。
社内で指摘されたことは、心に傷つきましたが、言われてよかったです。
逃げずに向き合うことは大切ですね。

今回2つのことに気付きました。
①自分は思ったほど客観的に見れていない。
②逃げずに必要なことはやったほうが、いい。

あと1週間、二歩も三歩も進んだ商品を作って、採用を勝ち取るぞー!
                        
                                  
        

硬式野球体験会

category - 未分類
2018/ 01/ 29
                 
昨日は硬式野球の体験会に行ってきました。
6年生の息子は、軟式か、硬式か、悩んでいます。

もともとは中学の軟式でやるつもりだったのですが、同じ少年野球チームの友達が硬式に行くかもしれないと聞き、刺激を受けたようです。私も、本格的に野球をやってほしいので、硬式に進んでほしいと思っています。(通う中学校の野球部は、途中で練習抜けだす人がいるほど、だらけていると聞いているので)
しかし、強く進めると逆に反発する可能性もあるし、息子の人生なので自分で決めさせたいと考えています。

体験会には30人くらい来ていて、上手い子も大勢いました。
地域で有名な小学生選手も4人来ていました。(6年生で120kgぐらいのスピード球を投げる子もいます)
彼らが入ったらば強くなりますね。しかし、そんな子ばかり入ったら、レギュラー厳しいですね。

ぎりぎりレギュラー取れるくらいのレベルに入るか。
厳しい世界にいかせるか。
逆にレギュラー確実なところを探すか。
指導者重視でいくか。
雰囲気重視か。
知り合いのいるところにいくか。
通いやすさ重視か。
いろいろ考えてしまいます。

昨日の体験では知り合いがいなくて、息子はうまくなじめず寂しかったようです。
初めてで不安だったようで、知り合い重視になびいています。
しかし、入ったらばすぐに友達になると思いますけどね。
様々な要素のバランスで、息子の成長にとって良いチームをアドヴァイスしてあげようと思います。
私の中では指導者の性格・人間性重視です。
出会いは非常に大事ですから。
どんな人と出会い、どんな風にかかわりあうか、それで人生が形成されますからね。
(私も、1度、自分の現状を整理・分析しよう、と書きながら思います。)