Recent Post

        

未開

category - 独り言
2017/ 10/ 20
                 
「みずから楽しむことができないひとびとは、しばしば他人を恨む」
イソップの「寓話」の中にでてくる言葉だそうです。

「われわれが或る人間を憎む場合、われわれはまだ彼の姿を借りて、われわれの内部にある何者かを憎んでいるのである」
ヘッセ「デーミアン」

自分の足りないところを認めるのが嫌で、他人にその刃を向けるんでしょうね。
そこを見ないと状況は変わらないのに・・・
歯が痛かったら、治療しなければ治らない。
都合の悪い事実でも、本質を見ることをやめてはいけない。
負の感情が生まれたときには、外的要因だけでなく、内的要因も探り、根本解決を目指すべきだ。
宇宙ばかり探索するのではなく、深海もまた未開であることを忘れてはいけない。
心の深海も探索が必要だ。
           
スポンサーサイト
            
                                  
        

大脳新皮質と辺縁系

category - 独り言
2017/ 10/ 19
                 
「あのとき、ああすればもっと~、今より幸せだったのかぁ~」とブルーハーツは歌っていましたね。
人生は、そのとき、そのときの選択の結果
なにげない判断、行動が、今の自分と状況を作っている。
あのとき、なんでももっと考えなかったんだろう、もっと積極的にしていれば、もっと勉強していれば・・・
後悔先にたたず・・・

現実は、未来の為よりも、現実を優先させる
だから、お尻に火がつかないと行動しない

頭よりも欲求

変化よりも現状維持

それは理性をつかさどる大脳新皮質よりも、感情をつかさどる大脳辺縁系が脳の中心にあるのだから、
簡単に、自然と、気づかぬうちに、感情・欲求に流されてしまう。

そんな傾向があることを、忘れてはいけないと自戒です。
流されない為のルール、システムが必要だ。
                        
                                  
        

心・技・体

category - 少年野球
2017/ 10/ 14
                 
少年野球のコーチをしています。
最近、チームの子たちが、だらだらしているのが気になります。
最近???前からですね。

叱りつけてやろうかと思ったり、褒めて伸ばすべきと思ったり、正解は、結果で知るしかないなぁっと思ったりします。
温度を上げるのは難しいですね。ほっておけば冷める。

私は、叱りつけるのが好きではありません。
そこには、自分の怒りをぶつける要素が大で、結局、うまくいかない。
先生が見てないところでは、勉強しないような子は理想ではない。

子供達が自分で気づいてもらうようにするのが、腕の見せ所だと思います。
こちらはヒント、キッカケを提供し、気づき、考えてもらう。

そこで、子供達に、『心・技・体』の話をしようと思います。
実力(戦闘力)は、”こころ”x”技術”x”からだ”の掛け算です。
技術が5、身体が大きくて5、でもやる気が1だったらば、25点です。
たとえ、技術が3、身体が3でも、やるきが5あれば、40点で、勝てるんです。
技術は、毎日の積み重ねで、来週までに、ゴールデングラブ賞なみの守備手になれ!と言っても、無理なんです。
身体も、明日試合だから、明日までに、あと身長5cm伸ばしておけ!と言っても、無理なんです。
しかし、こころだけは、気づき、考え方次第で、一瞬で変わることができる!
こころの点数をあげて、いい練習、いい時を過ごそうよ。
6年生は、2月までです。それまでの土日は、8日x4か月の約30日です。
40日ある夏休みでも、あっという間です。
最後には、宿題が終わらず、もっと早くやっておけば、と後悔した人もいるでしょう。
2月末に、あの時、ああしとけばよかったと、後悔しない為にも、今を、一生懸命やろうよ。

うまく子供に伝わるかな・・・

こんな感じで話そうと思ったのですが、本日は雨で練習中止。。。
出鼻をくじかれた感ですが、かえって、話をブラッシュアップする時間ができたと捉えるべきか。
どう捉え、考えるからは、私次第。
あまり時間が経つと思いの温度が下がったり、自分が理解だけが先行してしまい、言葉が足りなくなってしまうんですよね~
注意しないと、話す意味がなくなってしまう。
それを踏まえたうえで、より効果的に伝えたいと思います。

「思いx伝え方=伝わる量」ですね。
                        
                                  
        

満潮時に風をはらませてはせよ。

category - 独り言
2017/ 10/ 05
                 
吉田兼好「徒然草」より
「世にしたがわむ人は、まず機嫌を知るべし」

”時代に応じてやっていこうという人は、何よりも潮時ということを知らなければならない。
時機が悪いときには、人に素直に聞いてもらえないしよく思われもしないので成功しないものだ。
そのような時期というものを承知していなくてはならない”

ナポレオン三世
「満潮時に風をはらませて馳せよ」

”満ち潮で水位が上がってきた時、風をはらませて船を出すこと=潮時をみはからって、一気に行う。”

いずれの言葉も、状況を見極めて、適切なときに行動すべしと、教えてくれます。
機会は早すぎても、遅すぎてもダメ。
ここぞ、というときに一気に行動する。
その為には、日頃の準備と観察力が必要ですね。

「チャンスは前髪を掴め」とも言いますね。

自分のことや主観でばかり、考えてしまい、周りや状況が見えなくなってしまっていることが
気づかずにあると思います。
1週間に1度でも、機嫌(状況)を見直す時間が必要そうです。
                        
                                  
        

6年チームと低学年チームの監督。

category - 少年野球
2017/ 09/ 20
                 

この3日間、疾風怒濤でした。

少年野球のコーチをやっています。
息子が6年生で、残念ながら、秋の大会負けてしまって、引退です。
しかし、6年生だけのチーム(他のチームの6年生と合流)と大会がありまして、これからは、そちらがスタートします。

先週の土曜日に、今のチームでの飲み会がありまして、そこで急きょ、低学年(4年以下)のチームでの監督の打診が・・・
まるっきり、考えていなかったので、『いやいや、6年のチームがありますから、そちらの人手が足りないから、息子そっちだし、状況的に難しいです。』
代表監督『いやいや、6年チームが終わってからの3月からでいいから、やってよ』とお願いされ
心の中では、そんなに言ってくれるならという思いと、”義をみてせざるは、勇なきなり”という言葉が、酔いとともに、頭の中でこだまし。
『ええい、これも何かの縁だ、やってみるか』と決意しました。

そして次の日(日曜日)。
『よく考えてみると、今の低学年チームがスタートするのは、今から(9月下旬)。私が参加できるのは、3月。そうすると、その半年の間、その子達は、中途半端だな・・・。大切な半年を無駄にしていいのか、いや、そんなのマズイな!』と思い、
『では、6年チームは、他の人に背番号(30番が監督。これは人選決まっています。29番がヘッドコーチ、28番はサブコーチ)、を任せて、裏方にまわり、すぐに低学年チームの監督をスタートさせよう』と考えました。

さらに次の日(月曜日)
私『代表監督、低学年チームの監督、お引き受けします。ついては、6年生チームの背番号は背負いません。』
代表監督『いや、6年生チームの背番号はやりなよ、自分の息子を見たいでしょ』
私『でも、そうすると低学年チームの半年を中途半端なものにしてしまう。』
代表監督『それまでは、3年生以上は、代表チームにあげて、こっちで見る。1、2年生は、チーフコーチに任せようと思う』
(注釈。実は6年生チームは、6年生チームでコーチを誰がやるかの問題があります。野球が詳しいが、口調と態度がよろしくない人。野球は、”経験者じゃないが=詳しさに疑義あり”、ですが、子供目線で接する人>>ちょっと良く書いてますね(笑)、私のことです。どちらかが、背番号をつけて、チームの首脳陣になる必要があります。背番号を付けるもう1人は、合流する他のチームの人になります。そいう事情もあり、代表監督は、私に6年チームへの参加した方が良いと考えてくれたんだと思う。私も、コーチ問題は非常に危惧していて、低学年チーム監督の話がなければ、首脳陣に入ろうと思っていました。入りたくてでなく、あの人に任せる訳にいかないという思いです。)

その会話から、30分後、思いを決めました。
3月まで、6年チームの背番号を付けます。
6年チームをメインで、やります。
低学年チームは、朝少し早くきて、コーチ陣にも早出してもらい、方針や練習メニューを話合い、それをコーチに託すという体制にします。

そして、その日の午後に、6年チームの首脳陣を決める会議でした。
私が背番号をつけることになり、例の人は、不満です。
禍根を残すことになりましたが、ここは気にせずにやっていくしかないかと思っています。
だって、その人、大事な会議の前に、昼食で、お酒飲むし(普段の練習でも飲むし)、自分が背番号つけられなかったことを、『出来レースをやられた。』とか『背番号つけたかった』とか言うんですよ。
それってオカシイですよね。
まず、酒のつまみで、野球を教えるんじゃないよ。
出来レースというが、評価は周りがするもの、それは、自分の力不足と考えるべきでしょ。うちら利害関係でやっている訳でないので、自分の得かが基準でなく、子供にベストを基準で考えているんだから。
背番号つけたかったという発言は、結局、自分の欲、発信ですよね。
子供の為に、やりたいのだったらば、別に背番号つけなくたってできるでしょ。

不満を述べる文章で、すみません。
私は、何とか落ち着いて、子供ファーストで、頑張りたいと思います。

ストレスのはけ口になってしまい、せっかく読んでくれる人の為になりませんね。

では、最後に1つ、今日知った、心に響いた言葉
『君子の過ちは日月(じつげつ)の食の如し』
君子(立派な人)は、誤りを犯しても、日食や月食のように、すぐにまた丸い太陽、月(元の立派な姿)に戻ります。
”君子豹変す”と同様の意味ですね。
間違っても、すぐに直す。

この言葉で、お口直しならぬ、ブログ直しとしてください。
読んでいただき、ありがとうございます。