Recent Post

        

啓示・・・?『誤変換』

category - 独り言
2017/ 03/ 29
                 
『返信』と打とうとしたら、『変身』と変換された。
『変身』しろ、と何かが言っているのかなぁ。

春です。
新緑だ。
私のなかの『新しきもの』、芽を出せ\(^_^)(^_^)/
           
スポンサーサイト
            
                                  
        

血液型の話

category - 独り言
2017/ 03/ 26
                 
先日、職場飲みの席で、血液型の話になりました。
日本人の40%がA型で、30%がO型、20%がB型で、10%がAB型です。
ドイツ人も、似たような構成で、アメリカ人とイギリス人は、O型が多いです。
インド人と中国人はB型が多い人口構成です。(ちなみに、ゴリラはすべてB型です。)

A型は、几帳面で、O型はおおざっぱだがリーダータイプBは個性的、AB型は2面性を持つ冷静なタイプと言われます。
几帳面な日本とドイツが、戦争で同盟を組んで、アメリカ・イギリスに負けて、世界のリーダーがアメリカになった。
そこで、インドと中国がそれぞれ独自の個性をはなっている。
そうみると血液型は、もはや個人の性格から、国家間の関係性レベルになっている~(笑

話を飲みの席に戻して・・・
そこで、A型のAさんが、O型のOさんに、誕生日プレゼントとして、お酒をプレゼントしました。
Oさんは、2週間ほど、机にそれを置きっぱなしにしていました。
その状況について、Oさんは、「自分の持ち帰りに都合の良いときに持ち帰れば良い」という意見です。
でもAさんは、「置きっぱなしをプレゼントした人が見たらば気分を害すると思い、持ち帰る」という意見です。
B型の私は、Oさんの「自分の都合で~」とAさんの「気分を害する~」、両方の気持ちがわかり、私だったら持ち帰るまで、どこかに「隠す」と思って聞いていました。
でもその場で言わないことが、また策士的なところで。言ってしまうと、「こういう人間なんだ」と色メガネで見られてしまいます。
(血液型の話をしている時点で、みなさん、ステレオタイプで型にはめて簡単に分類しようとするタイプと思われますから。)
それは、特にB型にとって良いことではないことが多いので。(B型って、Aの世の中では異端扱いされるんですよね~笑)

性格判断は、相手を理解する一助になりますし、飲み会の楽しい話題にもなります。
それを使って理解と良き関係性を深めることができれば、先人の性格判断を見出した人の努力に報うことができるのではないでしょうか。
                        
                                  
        

左右の関係。

category - 独り言
2017/ 03/ 22
                 
野球のピッチング方法を調べていたらば、体の使い方で、「なるほど」と思う内容がありました。
「投げる右手の修正をしたいときに、左手を修正したほうが、うまくいく場合がある。」
体は、左右が連動しており、右の動作をする前動作で、左を意識すると自然と右が理想の動きをするというものでした。

これって、私生活でも言えるのでは!
性格が合わない人が職場にいます。しかも上司です。
近くにいると気になり、集中できません。考え方が合わないんです。お互いに、そのオーラがでている。
でも、その人との関係性の前に、自分の問題だと思います。
最近、仕事の目標が、ぐらついている・・・
だから、集中できてなくて、余計に、まわりが気になっているのだと思います。

結局、自分の問題ですね。
それをまわりに置き換えてしまっているんです。(少しはまわりにも原因があると思いますが)
頭をクリアにして、もう1度、問題点を考え直してみます。

右手(まわりとの関係)の問題解決に、左手(こころ)を見つめなおしてみます。

                        
                                  
        

試合結果。

category - 少年野球
2017/ 03/ 21
                 
少年野球、結果。
16対1で、負けてしまいました・・・
実力差以上の大敗です。

点を取られると、さらに声がでなくなり、体が固くなり縮こまる。
そして、点をさらに取られる。悪循環です。

ミスしたときこそ、ミスした人から声を出そうと言っているのですが、理想通りにはいきませんね。
1人ずつ、できる人を増やして、全体の「熱意」を上げて行こうと、改めて決意しました。

私のモチベーションも、崩れそう。
こんなことでは、子供の見本になりませんね。
ガンバロウ。「ファイトー!」

                        
                                  
        

ボトムアップ

category - 少年野球
2017/ 03/ 18
                 
待ちに待った週末です。
今週も、少年野球&父親飲みです。
今日は、強敵との試合です。

うちは、最上級生の5年生が、5人を筆頭に2年生までが入ってAチームです。
相手は、5年生のみで、すでに9人そろっているチームです。
しかも、去年の代から強い。
普通に考えたら負けます。

ですが、ここは知恵を絞り、金星を取りたいものです。
勝てなくても、何か、次につながることを子供達がつかんでくれたらば、ハッピーです。
(父親のみの話題も、それで盛り上がります、笑)
尚、今日に向けて、今週は、火曜日から毎日、息子と夜は自主練をしてきました。
その成果を期待しちゃいます。

毎週練習していますが、時々、子供がどうやったらば、”やる気”になるか、を考えます。
子供も、人それぞれで、意識高い系もいれば、なんとなくやっている子もいます。
当然、意識高い系の子は、スポンジに水がしみ込んでいくかのごとく、吸収が早いです。
対して、なんとなくの子は、「君は石か?」と思うほど、しみ込んでいかない。
やる気がないわけではないんです。まじめでもあるんです。
でも、気持ちに火がついていないんです。

見ていると、セルフイメージで、自分は運動神経良くないと思っているようです。
入った当初は、「今までゲームばかりしていた私が、1日中、運動はできません。ですので、今日は午前中で帰ります」と、驚愕発言をしていました(゚д゚)
でも、少しずつ階段をのぼるように、意識と技術は上がってきています。
これをもう1ランクあげることができれば、もっとポジティブな見方ができるようになると思います。
根はいい子なんで、なんとかしたいと思っています。
同じマンションで、幼稚園から知っている子ですしね。いとこの子より、近い関係です。

コーチをしていると、うまい子、センスのある子にばかり、目がいってしまいます。
でも、全体が良くなっていくためには、この子のような子が変わっていき、ボトムアップを図ることが必要だと思います。
テンション低い子がいたりすると、まわりも下に引っ張れますからね。
野球経験者でない私がコーチで、よりチームに貢献できるのは、こういう子の成長をサポートすることだと思いました。

ブログで記事にするうちに、以前から、なんとなく思っていることが、昇華されて、決意にかわっていきますね。
これは良い効果です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
みなさん、良い1日をお過ごしください(^-^)/

広告ポチっとしていただければ、嬉しいです。
嬉しさ返しに、伺います。