枕チャレンジ

        

展示会と出会い

category - 枕チャレンジ
2017/ 07/ 06
                 
展示会に行ってきました。
お付き合いのある縫製メーカーさんが、オリジナルのベビーグッズを作っています。
それを展示会で発表しているので、見に行って来ました。

そこで出会った工場を紹介するハガキが、センス良くて、ココロを奪われました。
ポップでアニメっぽいんですが、「熱意」「誠実さ」を感じさせます。
工場の仕事内容や、イベント(バベキュー)を絵で描いているのですが、楽しそうで、良い工場だと思わせます。
そんな良いデザイナーさんが、この工場さんにいたなんて、知らなかったです。

私は、ここの工場の社長を好きで、尊敬しています。
ただ、下請けで生産するのではなく、自分達のオリジナルブランドを作って、世に出そうと努力されています。
私も、”オリジナル”の商品作りをしたく、日々、試行錯誤していますので、共感しています。
このデザイナーさんも交えて、3人でヒット商品を生み出せたらば、と夢が広がります。

デザインは、「人に期待を持たせるもの」と思います。
これを使うと、「より良い生活や楽しさを得れる」と感じさせるもの、
それが良いデザインと思います。

『機能』x『期待』=商品価値
商品価値>値段→ヒット商品
機能だけが100%では、ダメなんです。
それを伝えるデザインが、期待を100%にしないと、10,000%の商品にならないんです。

ヒット商品へ、夢が膨らみます。
私の役割って・・・
それは、商品の機能面を含めたデザインです。企画に近いですね。
企画x工場技術xデザイン
この3つを最大限に生かした商品作りたいなぁ。
「いや、作ろう」と思った”出会い”でした。
           
スポンサーサイト
            
                                  
        

ネガティブさと意思。

category - 枕チャレンジ
2017/ 07/ 03
                 
ものの見方のフィルターは、ネガティブになりがちだと思う。
壁をみたときに、そのキレイさより、汚れている点に気付くと思う。
だから、それに流されず、キレイさを探すところに、意思が必要になってくる。

「人生は重き荷を背負いて、長き道を行くがごとし」
意思がないと山を上れない、自然に任せておくて、落ちてく。
人は重力に対抗して、立っている。
しかし重力なしでは、立つことすらできない。
重力と、うまく過ごしている。
ネガティブさを無理に消すことはないと思う。
うまく利用したらば、いい。流されず、いい目標に意思を持っていく。

そんな人間を目指したいですね。
                        
                                  
        

開発中、まくら

category - 枕チャレンジ
2017/ 01/ 27
                 
仕事で、枕の開発をしています。
新しい枕が、あと少しで完成します。
片面に羽毛が入っていて、片面にパイプ(ストローをカットしたみたいなもの)を入れているタイプです。

パイプの量の調整で、高さを調整します。
生地と羽毛に品質の高い素材を使っていて、また、羽毛が動き過ぎないように、部屋にわけています。(羽毛部分で、9部屋、パイプ部分で6部屋)
この仕切り部屋が、「羽毛を最適なところに、最適な量」にして、頭と首を支えます。

もう少しで、商品が生まれる~(((o(*゚▽゚*)o)))
というところで、名前つけに、悩んでいます。(´・_・`)

ちまたには、枕の機能を、名前にしたものが、多いので、違う路線で、行こうと思っています。
都市の名前(セドナ、イスタンブール・・・)や、もしくは、番号(シャネル No.5みたいな感じ)にしようか、イメージの近い英語の言葉にしようとか、考えています。

そう考えていると名付けって、スゴク大事だなと思います。
子供なら、一生、ついていきます。
呼ばれ方で、性格にも、影響でますよね。

うちの子(枕)の名前は、どうしようかなぁ。
「スミス」とか、「ジャネット」とか、外国人の名前でも、良いかなぁ。
「トランプ」は、やめておこう。
「太郎」や「花子」は、違うなぁ。

商品の価値の、3割ぐらいは、名前に影響される気がしてきました。

産みの前の、もう1歩の努力。
ぬかりないよう、灰色の脳細胞を働かすぞー

「商品に対する愛情、もう1押し」押していきます。

下は広告です。
ポチっとして下さいますと、心、上昇します。
1クリック、1ラブ、よろしくお願いします(*^_^*)


                        
                                  
        

略語

category - 枕チャレンジ
2017/ 01/ 09
                 
最近、覚えた略語の話。
5W1Hは、よく言いますよね。
(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)

セールスライティングの略語
AIDA
A : attention
I : interest
D : disire
A : action
注意(attention)を惹く見出し・ヘッドラインから、
興味(interest)を持てる内容に移行し、
読み手の要望(desire)をかなえる内容を提示し、
行動(購買action)に導く。
これを枕で挑戦してみます。

寝ているだけ、あなたがするのは、それだけです。
それだけで人生が好転する方法があります。
それをしないなんて、もったいないですよね?


人生の1/3は寝ています。その時間を寝苦しく過ごすか、充電時間で過ごすかは、枕次第といっても過言ではありません。
なぜか・・・?
頭と体をつなぐ唯一の部分は・・・
当然、首です。
現代では、スマホ、パソコンと頭を前に出して、首に負荷がかかる行動が日々、あふれています。
睡眠のときにこそ、そこを休ませてあげないと、首が、かわいそ過ぎる(´・_・`)。首が悲鳴をあげている。゚(゚´Д`゚)゚。
枕は首を支えてくれるクッションであり、首のベッドなのです!

「寝たのに、疲れが取れていない。」
「日中、だるい。」
「首のしわが気になる、顔がむくむ。」
そんな不満あったら、それは枕があっていない可能性が大です。
睡眠を改善して、日常を快活に過ごしましょうよ。
枕をチェンジして、人生をチェンジ!

枕チャレンジでは、ネットで買える最高枕を開発中です。
工場直生産だから、中間マージンがない。=価値と価格が高いバランスにある。
ふく枕が、何種類ものサンプルを試作、試し寝をして、実践しています。
その中の最高傑作を、ご紹介したいと思います。

こんな感じで、いかがでしょうか?
文章練習中なので、ここがわかりづらいとか、こうした方が良いとかアドヴァイスありましたら、教えてください。
枕は、本当に開発中です。
まだ時間がかかりますが、ゴールデンウィークまでには、世に出したいと思っています。

略語の話が、1つで終わってしまいました。
次回は、HAILという略語について、書きます。

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございます。
もう1つ、アクションを、みなさんにお願いします。
ポチッと広告をクリックしてくださいませ。
そうしていただけますと、喜びで、心が転がり、トキメキます。





                        
                                  
        

誰が為に、ブログを書く?

category - 枕チャレンジ
2016/ 12/ 23
                 
誰を思って、ブログを書くか?

最近、”セールスライティング”の本を読みました。
ウェブでの広告では、最初の文章から、次の内容まで、読む人は、1/5だそうです。
逆を言えば、内容を読む人の5倍は、最初の1、2行目を読んでいる。
いかにして、その人たちを、次の内容へ、引き込んでいくか?
これが、セールスライティングの胆である。

セールスライティングは、文章でのセールスマンである。
では、ターゲットの人は、誰なのか?
それを考えて書かないと、相手の心に響かない。

『心のゆくままに自由に書く方が楽です。』
ですが、それはストレス発散の為の、文章で、私が求めているものとは違います。
このブログは、『枕チャレンジ』です。
枕を作って、売っていく、それが目標です。

『俯瞰して、読み手を意識しながら書く』
それができれば、一歩前進ですね。

今日は誰に向けて書いたのだろう?
結局、自分へ自戒か・・・

さて、枕チャレンジです。
工程表イメージは、まず、ブログのアクセス数を増やすこと。
その為には、文章力をもっと磨くこと。
アピールの仕方を学ぶこと。
同時に、枕の研究です。
これは、仕事でやっているので、問題なし。
さらに、深める為に、睡眠の勉強ですね。
『”商品x知識xアピール力”、この総合力掛け算で、すっごくいいものを価値ある価格で、無駄のないルートで、世に出す。』
これが『社是』ならぬ、『ブログ是』です。

『進化、深化で、真価が問われる。』
”キラーフレーズ”っぽいですね。
誰かの心に響いたかな。