201706

        

2次成長。

category - 独り言
2017/ 06/ 26
                 
大人には『方程式がわかれば頑張れる、学習できる力がある』という文章を見つけました。
記憶力では、子供時代にかないません。
では、大人は、退化しているのか?というとそうではありません。
次のステージに移っているんですね。

脳の2次成長。
2次成長をしているのに、過去と同じやり方をして、記憶力が落ちたと嘆いていても、進歩がありません。
多分、これは、精神(感情)も、そうだと思う。
身体、脳、精神、それぞれが2次成長、3次成長していくんだと思います。
「そういうもんだ。そういう方程式だ。と考えれば、自分が今、どのステージでどうやることがベストなのか?それが見つけやすいと思います。」

ちょっと、それを意識して実験してみようと思います。
1次成長期のコミュニケーションが、『自分のしたいことを伝える』ならば、2次成長は、『利他の精神』かと。
3次コミュニケーションは、『自分と他人の利益を踏まえたうえでの関係』ですかね。
今週は、コミュニケーションで、自分のしたいことは置いておいて、相手のしたいこと、考えることを思い、その為にどうしてあげることが良いのか、考え行動をしてみる。
結果、どのような反応、状況変化がうまれるか。
私に、それを続ける耐性があるか?
                        
                                  
        

学び。

category - 独り言
2017/ 06/ 25
                 
21世紀型『学び』について、考える。

学ぶは、真似る。
そこから始まっているのが、職人・徒弟の世界か。
明治は言葉少ないところから、盗むか。
意味がわからなくても、とにかく覚える。

昭和は、軍隊的鉄拳制裁教育。
教える人も、どこまでわかっているのか、怪しい。

昭和(戦後)では?
テレビが普及し、ある程度の一般化した理論を知ることができるようになった。
精神的鉄拳制裁教育から、褒める教育の移行過程。よくわからずに覚えるも残っている。
カオス状態。

さて、これからは・・・
記憶することは、まず基本。
そこから、理解するという第二段階へ。
その2つを両輪にして、自分で考える。
そして新たなことを自分で、開拓していく。
そういうことが、求められていると思う。
知識のみならば、コンピューターでいい。
人間ならではの能力を伸ばしていくことが、世に求められている。

動物は『身体的適応』で種は残る。
人間は『精神的適応』をしないと種が残らないようになってきている。
『強いものが生き残るのではない、適応できる種が生き残る。』
自戒です。
                        
                                  
        

子供に『やり抜く力』を!

category - 独り言
2017/ 06/ 23
                 
『やり抜く力』を子供につけてもらいたいと思う。
その為には、どういう言葉が、伝わり易いかと思う。
イメージし易く、無意識に刷り込まれるような言葉。
スローガンのようで、押しつけがましくない言い回し。

うーん、、、
と考えて、
ふと、


『七転び八起』が良いと思いました。
何回、転んでも、立ち上がるんだ、というのは子供も、想像しやすくいいじゃないでしょうか?

他に、いい言葉あったら、教えてください。

みなさん、良い1日を!
                        
                                  
        

デシリットル

category - 独り言
2017/ 06/ 22
                 
昨夜、小学2年の娘に、宿題を教えてました。
dl(デシリットル)です。
私の小学生時代に、やったかなぁ~。無かったと思います。

1dl=100mlです。
10dl=1L

問題は、700dlは、何リットル?というものでした。
これが、掛け算、割り算をならっていない娘には、理解しづらいようで苦戦していました。
700dlは、70,000mlだよね⇒ということは、何リットル?と聞いても、『???』
では、70dlは、7,000mlだよね⇒7,000mlは何リットル?⇒娘『7リットル』⇒では700dlは?と聞くと『???』
最後は、図解して、何とか理解したようです。

これを見ていた嫁が、『感覚だから普段使わないとわからないよね。覚えてしまえばいいだけなんだけどね。』と言っていました。
そうだけど、それは違うと私は思います。
デシリットルを覚えることが重要なのではなく、数学的思考(おおげさですが)を理解することが重要と思います。
10進法とミリの単位を組み合わせの中で、100を1としたデシリットルを、頭でどう捉えることができるか、頭の柔軟度を鍛え、前提の中で、ものを考える、その思考を手に入れることが大事か、と。

フランスでは、20進法なんですね。
80を20x4と表現し、70を20x3+10と表現する。
(60までは、普通に数えるそうです。)

10を単位で考える人と20を単位で考える人、12を単位で考える人。
頭の使い方、考え方も、違う部分があるんだろうな、と想像します。
(言語が違うと、考え方が違うのと同じように。)

同じ80という数字でも、10が8個と捉える人と20が4個と捉える人。
このことからも、物事の捉え方は、多面的なんだな、
だから、人が、それぞれ違うんだな、と捉えるのは、気にし過ぎでしょうか?
                        
                                  
        

『信なくば立たず』

category - 独り言
2017/ 06/ 21
                 
安部首相が先日、『信なくば立たず』と会見で言われていました。
これは、孔子の言葉で、民からの信頼がなければ、政治はなりたたないという意味です。
また、『築城3年、落城1日』とも、別の席で話されたそうです。

まったくもって、その通りですね。
普段からの態度、行いで、信頼ができ、その人となりになります。
うまい言葉を使おうとも、信頼という土台がないと、ココロに響きませんね。

1日、1日、信頼を積み重ねていくと、紙が重なって高く積まれるように、信頼も高くなっていきますね。
そういう人を目指したいものです。
                        
                                  
        

ココロを開く。

category - 独り言
2017/ 06/ 20
                 
『ココロを開く』って、どういうことだろうと思う。
集団の中で、孤独を感じる自分がいる。
あの人のように、みなと打ち解けたいと思う自分がいる。

自分のプライドが回りに壁を作っているのか?
自分を見せることが、ココロを開くということなのでしょうか?
そんな大それたことでないと、思います。

『相手に興味を持つ』
ココロを開くというのは、相手に興味を持つことで、自分の扉を開けることなんだと思う。

そういうことを、ふと思いました。
                        
                                  
        

魔界族と天界族。

category - 独り言
2017/ 06/ 19
                 
美輪明宏さんの言葉です。
『自分と同じ種族の人間だと思うから腹が立つのです。人を見たときに、魔界族と天界族だと瞬時に見分けるようにするといいでしょう。そうすると魔界族に対して嘆いたり腹を立てずにすみます。「これは魔界から来ているんだ。だから、こういう人なんだ」と思えますから。』

同じ人間と考えたいですが、残念ながら『害の人』はいます。
(私のまわりにも)
利己的、感情的すぎなんですかね。
それが良い理念のもとに働けば良いのですが、プライドや負けず嫌いをもとに、人を攻撃する人がいます。
博愛主義では、対応できないと最近感じます。。。

魔界族か天界族かを見分けると、対応に準備ができそうです。
『あなたが不幸になるのは自由ですが、まわりを不幸にする権利は、ない。』
そんな人の為に、気分を害されるのは、ごめんこうむりたいので、『君子危うきに近寄らず』の精神と
『目的にもち、とらわれず(魔界族に気をとられるのは、自分が夢中になって何かをやっていないからだと思います。夢中ならばその人をおいて、先に進んでしまえば良いのですから)』で、自分の道をいきたいと思います。
                        
                                  
        

記憶と興味。

category - 独り言
2017/ 06/ 16
                 
私は、記憶力が、悲しいほど悪い。
覚える能力が低いのか、思い出す能力が低いのか、何故だか、記憶力が良く無い。

振り返ってみると、子供のころから、思い出そうとすることが疲れるから、どうせならば、思い出そうとするのをやめようとしていたと思う。
また、小学生のころに読んだ、シャーロックホームズで、ホームズが、『人間の記憶量には限りがあるから余計なことは覚えない』ということを言っており、憧れのホームズにならったこともあったと思う。
でも、最大の原因は『興味が低い』んだと思う。
興味が低い→物事への執着が低い。
良い面もあるんだが、せっかくだから、興味を持って充実した日々を送りたいと思う。

interrest(興味)は、"inter"+"est"
"inter(内側)"の最上級形?
究極の内側?
内側を深く知ろうという気持ち。それが興味かもしれませんね。
(こじつけっぽいですが)
                        
                                  
        

スマホと前頭葉前野。

category - 独り言
2017/ 06/ 14
                 
昨夜、テレビで、子供のスマホについての番組をやっていました。
中学3年生の女の子ですが、朝起きてから、スマホ。
テレビ見ながらスマホ。。
食事しながらスマホ。。。

ほんとにスマホと一緒の生活です。
スマホは、コミュニケーションの手段で、これがあるから仲良くなれることもあると言っていました。

その後、スマホを使った事件を行いました。
中学生のグループが、ラインでグループトークをします。
すると、30分で、険悪な内容になります。

ラインのトークスピードは、素早い返信を要求します。
そうすると、言葉を相手がどう受け取るか、振り返る時間もありjません。
そして言葉だけなので、受けては、冷たく強く感じます。
それが、負のスパイラルをおこし、『バーカ』なんて言葉も、でてきます。
でも、彼、彼女らは、いたって真面目そうな中学生です。
非言語のニュアンスをこの時期に感じないで育つと、過激な大人になってしまいまいそうです。
(ニコニコしながら、バーカといのは、本気のバーカでないですもんね。でも言葉だけでは、その違いが判りません。)
ラインをしているとき、脳の前頭前野の活動ですが、大人と比較して子供の方が少ないです。
前頭葉前野は『抑制』をつかさどる分野だそうです。
「使いが少ない=訓練が少ない」なので、発達に支障をきたすのでは?と思います。

技術の進歩は、新しいものを生みだします。
それは、新たな文化であったり、便利さであったり。
でも、『進歩=いいこと』と盲信しては、危険ですね。
絶対的な、『いいこと』なんてありません。
必ずと言っていいほど、何か弊害があります。
それを意識して、進歩と付き合う必要がありますね。
『危険察知能力』
『想像力』
『ノン・地雷力(地雷を踏まない力)』
そういった能力を磨いて、技術に使われずに、楽しく付き合い、使う人間でいたいものです。
                        
                                  
        

コンピューター・・・

category - 独り言
2017/ 06/ 11
                 
国語、算数、理科、社会、体育。
人間が勝てるのは、どれだろう。

【体育】
そうとう前に、機械に追い抜かれています。
力ならば、ブルドーザー。
走るならば、車。

【社会】
知識の量ならば、コンピューターに、とうてい敵いません。

【算数】
計算ならば、『京』コンピューターの前に、進撃の巨人とアリンコ。。。

【理科】
理科ってなんだろう?
自然現象を解明すること?科学実験?
これならば、戦えそう。
機械やコンピューターは、目標や答えが決まっていることには強いが、理科は、それを探すことですよね。

【国語】
漢字が単語といった記憶系ならば、コンピューター。
でも、情緒的なものや文学は、人間にしか、できないでしょ。
ならば、戦える。

さて、何でこんなことを書いているかというと、現代のほとんどの仕事は、コンピューターに取って変わられると聞きます。
自動運転が現実化してきている現代、タクシーも自動になっちゃいますよね。
コンピューターの始まりは、人がインプットして、結果を出す道具(計算機)だったのに、自動化が進んで、人はコンピューターの動作を確認するものになってきてしまうのでは?
タクシーが自動運転化しても、たぶん、保険として運転手はいると思う。
でも、それはタクシーを運転する人でなく、動作をチェックする人。自動運転化のシステムに組み込まれている道具と化してしまう。

そうなると人ならではの仕事しか、稼げなくなりますよね。
では、それってなんだろうと思います。
何ならば、コンピューターに勝てるか?何ならば、戦わない分野になるか?
そのキーつが、『自ら考え、問題定義をし、解決を見出すこと』、『仕事を自分で創れる人』なんだと思います。

人は人が作った道具で自らの首を絞めている。
ダイナマイトが人を殺す。>>でも、ダイナマイトの恩恵でトンネルができる。
コンピューターが仕事を奪う。>>でも、コンピューターのおかげで、効率的に仕事ができる。
うーん、この利益相反関係。
うまくやる方法を考えるしか、ないですね。

システムは作っても、組み込まれず。
文明とうまく付き合える人でありたいと思います。
                        
                                  
        

マインドセット

category - 独り言
2017/ 06/ 10
                 
マインドセットについて、書きたいと思います。
考えがまとまっていないので、書きながら、どういう展開になるか、わかりませんが、整理するという意味で書いてみます。
きっと、書こうと思っている今の時点で、思考が熟成(って、そんな大層なものではありませんが)しつつあり、芽を出そうとしているんだと思います。
よく、沢山考えたあとで、寝て、起きたら、答えが出ていたとか、トイレでふと思いついたとか、そんな状況の1歩手前のような気がします。

野茂英雄さんが、メジャーリーグに行く前と後では、みんなのマインドセットが変わっている。
日本人でも活躍できると知り、それから海外に出る人が多くなった。
100m走で10秒切る人がでると、それから10秒切る人が増えた。

自分の限界(枠)を無意識に決めてしまっているから、その思考をかえれば、飛躍できる。
自分で足かせをつけてしまっている。
だが、できる人がでてくると、自分でもできるかも⇒できるとなり、突破できる。
人の能力は、体の能力x頭の能力x意識の能力。
体の能力は、1次能力で、頭が2次、意識が3次といった感じでしょうか?
これが、サイクルでもあり、同時進行的でもあり、それぞれがかかわりあって、能力は向上していくんだと思います。

例えば、マラソン。
最初は、体力をつけるためにひたすら、練習。
次は、レースで勝つために、最初とばすのか、ペースを抑えるのか、スパートをどこでかけるのか、頭を使う。
そして、苦しくても自分にまけないという意識。
レベルが上がるとそれを、繰り返していく、、、
まるで、らせん階段を上りながら、向上していくという感じです。
繰り返すほど、強固になり自信になっていく。

レベルを変えていくのは、この3次の意識の部分での、1歩進むマインドセットの工程が大事だと思う
それは、今までとの考えかたが変わる革命的なもの。
産業革命で、飛躍するように、マインドセットを行えば、レベルがかわる。

ではマインドセットをどうやって引き起こすか?(野茂さんのような先駆者がいない場合)
①考えて、考える。
②考えるがどうどう巡りにならないよう、事実を整理していく。
③客観的に考える。
④どうしたいのか、考える。
⑤何が足りないのか、考える。
⑥何をすべきか、考える。
こう書いていくと『考える』ですね。
マインドセットのキーは、知的努力といいますか、外的、体力的なものより、自分を見つめる努力ですね。

方向性が見えてきました。
マインドセットとは、考えることの蓄積ではないか?
それが積もって、土台になり、そのうえに立って見直したときに、見える風景。
それが、『newな私』⇒マインドセットなのかと思います。

よし、『考えることを諦めない』。
今日からも、楽しくガンバロウ!

長文お付き合い、ありがとうございます。
下の広告クリックしていただけると、うれしいです。
                        
                                  
        

諸刃の刃

category - 独り言
2017/ 06/ 06
                 
昨日の続き、いや、進化。

結局、昨日も、嫌な人のことが頭から離れませんでした。
ふと、『人を呪えば、穴2つ』という言葉が、落ちてきました。

まさに、今の私が、その状況
①嫌いだと思って、頭のキャパを取られている。>>時間の無駄
②次にあったときに、嫌だととい感情がさらに悪化し、余計に顔を合わせたくなくなる。>>会うことは避けられないのに。それで険悪になれば、その時間も無駄。精神も疲れる。

飲んでて、誰かの噂話や愚痴を言うのは、よくありますよね。
でも、その後、その対象の人とあうと、どっかで、自分に罪悪感や羞恥心を感じます。
(意識していなくても、無意識に感じていたと、後から気づくことがあります。)

結局、悪い言葉は、『諸刃の刃』。
私は、その使い手には向いていないようです。

ですので、前に進めるように、愚痴は、しばらくやめようと思います。
(0にはできないと思いますが、0にすると自分の中に、悪がたまりそうなので・・・)
考え方の視点、立ち位置を見直してみたいと思います。

今日は、こんなところで。
道の途中です。

みなさま、良き日を!
                        
                                  
        

問題の所在地。

category - 独り言
2017/ 06/ 05
                 
嫌な人のことが頭から離れない。
その為に、時間と頭を取られていることが、さらに不快である。

この状況を打破するには、どうすれば良いかと、自問する。
①考えないようにする。
>>臭いものには蓋をするようで、解決にならない。それに、自然とでてしまうものを避けれない。
②いっそ、思いっきり考えて、方針を決める。
>>これは良さそう。
③別の夢中になれることを考える。
>>②の後にすると、良さそう。

何故、あの人は、自分の考えばかり正しいと思うのだろう。
行動が伴っていないのに。
何故、あの人は、助言を『その人には言われたくない』と言うのだろう。
その人だって、確かに完璧ではないが、その人の悪いところばかり、フォーカスして内容を考えないのだろう。

関わりたくないが、関わないといけない。
あの人を排除しようという悪魔の考えが頭をよぎる。
因果応報を信じる私は、その一線を越えらずにいるが・・・

あの人は、私より野球を知っている。
あの人の子供は、いい子だ。
あの人と私は、同じ少年野球のチームでコーチをしている。
あの人の物言いは、威圧的で、子供を萎縮させる。

あの人の問題は、私の心の問題か???
私の心に、傷があるから、過剰に反応するのか???
いや、両方だな。
私自身が、野球のこと、性格のことで、問題があるから、余計に、あの人が嫌になる。
ならば、まずは、自分を見直すことから始めよう。

最近、頭悩ますことがあり、書かせていただきました。
月曜日から、すみません。
みなさんの役に立てるブログをかけるといいのですが、今日は、完全に、自分のストレス解消、問題解消へのブログとなってしまいました。

みなさんも、悩みあると思いますが、良い1日を。
解決できない問題は、神は与えない、と思われますので、解決するはずです。
良い1日を!