Post

        

心・技・体

category - 少年野球
2017/ 10/ 14
                 
少年野球のコーチをしています。
最近、チームの子たちが、だらだらしているのが気になります。
最近???前からですね。

叱りつけてやろうかと思ったり、褒めて伸ばすべきと思ったり、正解は、結果で知るしかないなぁっと思ったりします。
温度を上げるのは難しいですね。ほっておけば冷める。

私は、叱りつけるのが好きではありません。
そこには、自分の怒りをぶつける要素が大で、結局、うまくいかない。
先生が見てないところでは、勉強しないような子は理想ではない。

子供達が自分で気づいてもらうようにするのが、腕の見せ所だと思います。
こちらはヒント、キッカケを提供し、気づき、考えてもらう。

そこで、子供達に、『心・技・体』の話をしようと思います。
実力(戦闘力)は、”こころ”x”技術”x”からだ”の掛け算です。
技術が5、身体が大きくて5、でもやる気が1だったらば、25点です。
たとえ、技術が3、身体が3でも、やるきが5あれば、40点で、勝てるんです。
技術は、毎日の積み重ねで、来週までに、ゴールデングラブ賞なみの守備手になれ!と言っても、無理なんです。
身体も、明日試合だから、明日までに、あと身長5cm伸ばしておけ!と言っても、無理なんです。
しかし、こころだけは、気づき、考え方次第で、一瞬で変わることができる!
こころの点数をあげて、いい練習、いい時を過ごそうよ。
6年生は、2月までです。それまでの土日は、8日x4か月の約30日です。
40日ある夏休みでも、あっという間です。
最後には、宿題が終わらず、もっと早くやっておけば、と後悔した人もいるでしょう。
2月末に、あの時、ああしとけばよかったと、後悔しない為にも、今を、一生懸命やろうよ。

うまく子供に伝わるかな・・・

こんな感じで話そうと思ったのですが、本日は雨で練習中止。。。
出鼻をくじかれた感ですが、かえって、話をブラッシュアップする時間ができたと捉えるべきか。
どう捉え、考えるからは、私次第。
あまり時間が経つと思いの温度が下がったり、自分が理解だけが先行してしまい、言葉が足りなくなってしまうんですよね~
注意しないと、話す意味がなくなってしまう。
それを踏まえたうえで、より効果的に伝えたいと思います。

「思いx伝え方=伝わる量」ですね。
                        
                                  

Comments

Private comment