Post

        

マッチング。

category - 枕チャレンジ
2016/ 11/ 20
                 
いいラブレターとは、何も考えずに書き始めて、書き終えるものらしいです。
文章も、そんな風に書けたらば、理想ですね。

マッチング。
人と人を繋ぐ、人とものを繋ぐ、技術と人を繋ぐ、技術と技術を繋ぐ。
繋がれば、相乗効果がうまれたり、お互いが得をしたりする。
生産者と消費者がダイレクトで繋がれば、お互いに得になるけど、それぞれがその手段に苦労している。
生産者は世に、どうやって商品を出せば良いか、わからず、中間業者に委託する。
生産量をまとめる為に個別に消費者とやり取りするよりは、中間業者に一括で、まとめてもらった方が良いという実利もある。
大量消費社会ならば、それで、安く作ったらばよかったが、今、少し違ってきている。
消費者は、個別のものを求めている。
自分のオリジナルなものを欲していて、ただ安いだけでは売れない時代。
それを技術が今、サポートできるようになってきている。
例えば、3Dプリンター。
これがあれば、個別の要望に沿って、商品が作れる。
これまで、金型を作らなければいけなかったものが、それが必要なくなる。(=初期投資が減る。時間も最短化される。)
例えば、インクジェットプリンター。
プリントの型(細かい網戸のようなものに、インクが通る部分と通らない部分を作って、それを柄ごとに作って色をのせる)がいらなくなる。
インクジェットプリンターならば、コピー機のように、印刷してくれる。
Tシャツにオリジナルの写真をプリントするのが、それ。

技術の進歩で、今まで、かかっていた手間と時間が、相当、省けるようになった。
ネットの普及で、生産者も消費者も、お互いを探すことが可能になった。(しかし、どうやって見つけてもらうかが、生産者の悩み)
私は、以前、ネックレスを中国の工場から輸入して販売したことがあります。
そのとき、ネットにアップしたのですが、結局、クリックしてもらえずに、全然売れませんでした。
値段、デザインから売れると思ったのですが、見てもらえないと、始まらないんですよね・・・

枕チャレンジでは、枕を作ることよりも、それを世間に、いかに知ってもらうかが、キーだと思っています。
今、書いているブログだって、いかに見てもらうかですよね。
見てもらわないと、ただの日記で終わってしまう。
周知の手段を研究しないと。
あと、読んで楽しくなるような文章も、勉強しないとと思っています。
昔から中身のことばかりで、味付けが悪い文章で、面白みがないと感じているんです。
女性の方は、楽しい文章、うまいですよね。
私のは、文章でなく、文書のような硬さがあります。

さて、今日は、晴れですので、少年野球があります。
野球経験者でない私ですが、コーチの端くれです。
コーチ友人から、”子供の成長を間近に見れるのは、今しかないし、楽しいよ”と言われ、はまっています。
今では、子供は完全に私よりうまいです。
最初は経験者じゃないんでと踏み込むのを躊躇していましたが、やってみると楽しいですね。
今では、週末の楽しいイベントです。

それでは、このブログをみて頂いた方々、良い一日を!




                        
                                  

Comments

Private comment