Post

        

朝の光

category - 睡眠
2017/ 01/ 18
                 
朝、目覚めの悪いあなたへ

私もそうです。みんなそうです。
朝から、すぐ起きて元気なのは、うちの娘ぐらいです。

人の体内時計は、25時間周期です。
でも1日は24時間周期。
それをリセットするのは、朝の光です。

では、どのくらいの光が必要か・・・

2,500ルクスと言われています。
晴天の日の窓際の光の強さ程度です。

2,500ルクスあると、メラトニン(眠気の物質)が抑えられ、セロトニン(元気になる物質)の分泌が上昇します。
メラトニンは、その言葉から連想されるように、メランコリー(抑うつ)にもつながります。
メラトニンの不足が不眠につながりますから、夜は、なるべく強い光を避けましょう。
また、カフェインも4~5時間程度、眠気覚ましの効果が持続しますので、午後6時以降は、避けた方が良いです。

受ける光をコントロールして、セロトニンをすげー出して、光ある生活をしましょうー!
                        
                                  

Comments

Private comment
        

No title
ポチしました(`・ω・´)ゞ