Post

        

メランコリー、メラトニン、似ていますね。

category - 睡眠
2017/ 02/ 08
                 
『頭が熱い→うつ病への信号』という事実を、あなたは知っていますか?
ちょっとした生活習慣の改善で、それを避けることができます。


『頭が熱くて、不眠』というのは、うつ病の人の特徴です。

頭が熱いのは、血が脳に巡りすぎるためです。
頭に血がのぼると眠れなくなります。

頭が熱い→不眠になる。
逆に、不眠→頭がさえる→頭があつくなる。
不眠になるのは、脳内物質のメラトニンが不足するためです。
では、メラトニンを増やせばいいんです。


メラトニンは、朝の光を浴びてから、約16時間後に分泌されます。
メラトニンの材料になる『セロトニン』は、朝の光を浴びて、日中に分泌されます。
『セロトニン』は、幸せ物質と呼ばれるくらいで、日中を快活に過ごすエネルギーになります。

日中の『セロトニン』が、夜の『メラトニン』にかわる、という図式です。

不眠、うつ病にならない為には、朝日を浴びて、セロトニンを増やしましょう

下の広告、クリックお願いします。
1クリックが、私をハッピーにしてくれます。
巡り巡って、あなたにも、ハッピーがかえってきますように\(^o^)/

                        
                                  

Comments

Private comment
        

No title
朝一番の日光ですよね。
朝が苦手な私は、分かっていながらもついつい2度寝という悪い習慣に陥っていますよ(笑)
頭痛持ちでもあるので、この機会に生活習慣をもう一度見直します(>_<)