Post

        

高校野球

category - 独り言
2017/ 04/ 26
                 
甲子園で活躍する球児たちは、13歳で、その道筋が決まるそうです。

強豪校は、才能ある中学生を見出し、いや全国にとどろく中学生にアタックします。
スカウトの戦いです。すでに選手集めから戦いが始まっています。
本当かどうか、わかりませんが、他校にいって、脅威になるならば、自校で、飼い殺しにした方が良いと考える人もいるとか。

中学で活躍するためには、小学生から始めていないといけません。
(強いシニアチームで、セレクションがあり、レベルが高くないと入ることすらかないません。)
そして、小学生でも、最低2年は、やっていないと、上手になれません。
小学5年生の秋から、チームの最上級生として、花形ポジション(ピッチャー、キャッチャー、ショート)をやります。
当然、花形ポジションは重要ポジションなので、チームも力を入れて指導します。
その為、他のメンバーよりも、成長スピードが上がります。
小学5年生の秋に、そのポジションを得るには、それまでに、2年はやっていたいものです。
となると、小学3年生の秋には、野球をスタートしていないと、活躍する選手にはなれない。
8歳ですね・・・
オリンピック2回分。大統領選挙2回分。

「教訓」
人生は、考えるより、早くスタートしている。
(野球や勉強がすべてじゃないですがね。)

高校野球の強豪校・花巻東高校で、3年生でベンチ入りしない選手は、大会の前に、サポートにまわります。
選手から、裏方にまわる、儀式として、「最後のノック」があります。
選手が、大声で、思いを叫び、監督からの最後のノックを受けます。
花巻東に入るぐらいだから、小学校からエースで、4番の地域のヒーローだったはずです。
小さいころから、野球漬けで一生懸命やっていたのに、その表舞台から降りなくてはならない姿をみると、
泣けてきます。

ゴールは1つではなく、君たちの姿を、テレビでみて、感動する人がいる。
その1人として、「夢中になれるのも、才能。一生懸命やったことは、財産」と伝え、エールを送ってあげたい。

「頑張ってきた姿」に、刺激を受けます。
最近、「純粋に頑張っていますか?俺よ」
スポンサーサイト
                        
                                  

コメント

非公開コメント