”素直”と”拘り”

category - 独り言
2017/ 07/ 30
                 
”素直”と”拘り(こだわり)”、これについて、考えてしまっています。。。

ある道を学ぶとき、例えば野球。
”素直”に聞いて、学ぶことが、まず必要です。
”投げる”という動作は、日常の動作と違うので、普通にやると、”手投げ”になります。
これを野球で使える、”投げる”という動作にしていくには、下半身を使って、腰をまわして、となるのですが、
これは、自然に覚えるのは、難しいと思います。
指導者が教えるか、自分で色々学ばないとい習得できません。

ある程度、わかってきますと自分なりの理論や、やり易さがでてきます。
そうすると、指導者の教えに、”素直”に従えなかったりします。
特に、今までのやり方と違っていたり、直しはじめは、以前より、ボールが飛ばなかったりすると、変えようとしなくなります。
また、ネットでみて、こうやっているプロもいると、現状維持の理由を探してしまいます。
そうなると”素直”でない、となり、指導者も、教えるモチベーションが下がります。

かえって、何も考えていないプレーヤーの方が、”拘り””考え方”がないために、”素直”と評価を得て、うまく行ったりします。
しかし、”拘り”ないところに、意思はないと思います。意思がなければ、いつかぶつかった壁を乗り越えられません。

”素直”と”拘り”、両方のバランスと掛け算が、うまく使えること。
それをコントロールする頭があること、これが上達の秘訣なんでしょうね。

間違った拘りで、一生懸命やっても、目的地が違うところに、到達してしまう。
何を目的として、やっているのかを意識しないと、”拘り”を”自己保身や、プライド保持”とはき違えてしまいそうです。

うーん、長男の野球への「ちょっと誤ってるんじゃない?」という”拘り”について、書いていたつもりが、自分に突き刺さります。
親子ともども、改善が必要ですね。

では、みなさま、良い1日を!
HAVE A NICE DAY!
                        
                                  
        

福となる。

category - 独り言
2017/ 07/ 28
                 
「災い転じて、福となる。」
「雨降って地かたまる。」

人間関係で、自然と、そのようになる時は、お互いの性質が良く、理解不足が解消された結果だと思う。
トラブルが起きたときに、これを意識的にチャンスに変えるとしたらば、先を見越した目が必要だと思います。
目先にとらわれず、長い目で何が大切かを意識する。
そんな視点を持っておきたいと思います。

今日は、大事な商談です。
実は、先日トラブルがありまして、それを解決できるか、かかっています。
自分の不利益にならないようにとか、自己保身に走る、そんな視点では、今は、解決できても、長い関係を保てません。
「相手を尊重し、考えること」
自分も含めて、状況を俯瞰し、自分よりも相手に、2割増しで、得を持たせること。
それが、相手からの信頼を得て、いい関係を続けられるかの秘訣かと思います。

流されるのでなく、流していく。
そんな風に状況を、良い方法に向かわせていくのが、理想です。
                        
                                  
        

幸福と喜び

category - 独り言
2017/ 07/ 27
                 
「幸福」は「喜び」を伴うもの。
そんな風に思います。

「喜び」は、「そうでない状態から、そうである状態になったとき」に感じる。
・今まで、経験したことなかったことを経験したとき
 (初めて食べたお菓子、初めていった旅行、初めての彼氏、彼女)
・欲しいものが手に入ったとき
 (欲しかった携帯、服、おもちゃ、経験、スキル)
・つらかったことから解放
 (嫌なことがおわったとき、病気からの回復、不安な日々から安定した日々へ)

となると、「幸福」は比較して感じるもの?
過去の自分との比較、まわりとの比較。

比較で感じるものならば、常に発展拡大していかないと、感じることができないものですね。
人間の欲に限りがないと言われるのは、幸福を比較で感じるからかもしれません。
常に、新しい刺激がないと喜びを得れない性質だとしたらば・・・
取るべき手段は、「努力」ですかね。
(他人と比較して自分は、マシと考えるのは楽ですが、あまり良い方法とは思えません。)
正しい方向へ、努力していくことが、性質とうまく付き合う方法なのかもしれません。
                        
                                  
        

チャンスの捉え方。

category - 独り言
2017/ 07/ 17
                 
「運も実力のうち」といいますが、
『運』があるようにみえるが、実際は『準備』『こころ構え』『対策』ができているか、いないかだと思う。

少年野球の話です。
少年野球での花形は、ピッチャー、キャッチャー、ショートです。
そして、どうしても、そのポジションの選手は、他の選手に比べて、練習密度が高くなります。
それがさらに、他の選手とのレベル差を生む。
小さいころから、やっている子の方が、最近始めた子よりも、当然うまいです。
しかし、運動神経的には、逆だったります。
でも、練習密度のエスカレータに乗り遅れると、なかなかおいつく機会を得れません。
大体、外野をまずやるのですが、外野は内野に比較して、ボールが来る機会が少ないので、集中力が途切れてしまうことがあります。
子供だから仕方ないですよね。しかし、運が悪いことに、そういうときにボールが飛んでくるんですよね。
そうすると準備ができていないから、エラーする。
>>コーチから、しかられる。監督の信頼を得られない。という悪循環に陥ってしまいます。

怪我も、あります。
怪我をしてしまい、チームから離れてしまうと、その間に、ポジションを取られてしまうこともあります。
その逆も、言えますよね。
不幸にも、チームから離れてしまった人がいるから、チャンスが生まれる人もいる。
そのチャンスを活かせるかは、普段からの練習、準備しだいですよね。

「チャンスは前髪を掴め!」といいますが、
その為に、動ける準備をしているか、チャンスを探しているか、そういうことで、チャンスに出会い、活かす機会が増えるんだと思います。
チャンスを探すこと、チャンスに備えていること。
『運』を、どう捉えるか。
天から、降ってくるものか?
自分から、探し取っていくものか?
後者でありたいと自分に言い聞かせます。

さて、今年もすでに、半分を過ぎてしまいました。
日々に流されるなかでも、良い方向に向かうよう、心掛けを改めように思います。

みなさま、良い1日を!
                        
                                  
        

ブランディング

category - 読書
2017/ 07/ 09
                 
水野学さんの「ブランディング講義」の本を読みました。
ブランディングとは、見せ方のコントロールである。
「目に見え、耳に聞こえ、身体で感じる」すべてのもののデザインをきちんとする。


アップルが指示されるのは、「美意識への拘り」「クリエイティブへの高い意識」を、消費者も感じて、期待しているからでしょう。
そのような、実態を取り巻くようなオーラがあれば、強いですよね。
そのオーラは、日々、刻々の行動、発言、態度、それが薄く何百、何千、何万と重なっていきできてくるものだと思います。

「ブランディング」は、企業だけでなく、個人でも、使えそうです。
私は、常日頃、「せっかくだから、関わる人に少しは良い影響を与えたい」と思っています。・・・可能ならばですが(笑)
でも、時として、それが偉そうだとか、感じられてしまうケースがあります。
(たぶん、そういうときは言葉のトーンがストレート過ぎるんだろうと思います。)
そういうときには、その人との関係性や、そのコミュニティでの自分の役割、見られ方と自分の行動とのギャップがあるから、誤解を生んだかな、と反省します。
そこらへんを日頃からコミュニケーションで、理解しあっていないのが問題かな・・・と。
その際に「ブランディングの意識」を、ちょこっとだけでも入れてみたらば、自分の考え・ありたい姿を周りに理解を求める、効果的な方法になると思います。
目指せ!「人間、アップル!」といったところでしょうか。
やりすぎると大変なので、ほどほどに挑戦したいと思います。

「売る」から「売れる」へ。
”水野学のブランディングデザイン講義”
かなり、お薦めです。